人は1日2.5Lの水を飲んでいるという。1年だとおよそ900Lになる。
80年の人生に置き換えてみると、その摂取量はなんと
70,000Lにも及ぶ。重量におきかえると70トン。
積載量10トンのタンクローリー車7台分に相当する。

人のカラダはその多くが水でできているからかくも水を飲むのだろうか。
人は水から生まれたといわれているが、まさに命の水、
母なる水なのである。
そして、水は、どんな場所でもどんな器にでも入れることができる。
それは、カタチに合わせることができる素晴らしさ。

障害にぶつかったときでも水は抵抗をせずにうまくよけて通り、
柔軟に乗り越えて行く。
その柔軟な水は、小さな水滴となり、忍耐強く打ち続けると岩をも砕く。

水は、汚れた泥もきれいに流してしまう。清濁合わせ呑む。
そんなカも水はもっている。

水は小さく小さく刻めるし、大きく大きくもできる。

同じ水とは二度と会えないし、水の流れは、永遠に止まらない。
一期一会の水。

水のことを考えると深い。水の心になるには、自分が無にならないとなれない。

女優の心得として大切なことを水に教わっている。

韓 英 恵 (かん はなえ・Hanae Kan・FAN PAGE) DOGSUGAR所属。
10歳にて鈴木清順監督『ピストルオペラ』で映画デビュー以来、「Cheap Trip」「MEMO」「アンブライト」「アジアの純真」など多数の映画でヒロインを演ずる個性派女優。ファッションモデル、コマーシャルタレントとしても活躍。1990年生まれ、血液型A型。